人類の夢の錬金術

錬金術で得られた多くの成果

金買取に影響。哲学、神秘学として発祥した錬金術

錬金術とは、10世紀のアラビアで発祥した学問で、化学的手段を用いて、貴金属と呼ばれる金や銀以外の金属から、金を精錬しようとする試みの事です。要するに、不可能を可能にしようという哲学であり、オカルティズムである神秘学を自然科学や産業革命とは対極にある、心霊主義や幻想文学として、伝承されたものなのです。つまり、金ではない金属の特性を理解し、金を創り出すという理論を利用して、限りある命を持っている人間を不老不死にするという哲学なのです。

世界中で今、金買取で金ブームが起きていますが、金は限りある世界的資産であり、無限の物ではありません。金買取ができるのは、限られた資産家や投資家達であって、一般市民には、そんな莫大な資産を保有していません。世界的価値が認められている金は、集中して一ケ所に集まり、分散される事はありません。現に金大国と呼ばれるアメリカは、金保有が世界でナンバー1です。日本にも、まだ金鉱山があり、金が採れると言われていますが、掘り起こすにはそれだけの財源が必要であり、それを買い占めるのは、やはり限られた資産家達なのです。一般市民には、遠い夢の話にすぎないのです。しかし錬金術は、そんな一般市民の願いを叶えてくれる、夢のような学問なのです。もしそれが実現すれば、錬金術によって創られた金が、世界中で金買取をされる様になる日が来るのでしょうか。

錬金術で得られた成果としては、中国などから輸入していた磁器を生産する方法をヨーロッパで再発見したり、蒸留の技術から高濃度のアルコールを精製した事で、現在の化学工業の道を開きました。また現代の科学において、原子物理学の進歩により、金以外の金属から、金を生成する事が、理論的に不可能ではないという結論に達したのです。

このまま金買取ブームが続けば、数年から十数年後には、金バブルが訪れます。金買取はどんどん盛んになり、日々変動する金の価格は、毎日の様に上がり続ける様になるのです。今後も金の採掘が望める国は、アメリカ、中国、オーストラリアが上位です。広大な国土を所有しているので、当り前と言えば当り前の話です。その中でも、近年急速な経済成長を遂げている中国が、金保有率、世界一を目指しているといいます。世界的に価値の高い金を保有しているという事は、世界で最も豊かな国であると主張したいのでしょう。中国の富裕層が、世界中で消費活動をしているのも、その象徴と言えます。

時計の処分をお考えの方は時計買取へ

更新情報

2015/03/13 水銀とベリリウムと金買取、という三題噺

2015/03/13 金を生み出す過程で生まれた磁器と金買取

2015/03/13 古代ギリシャで流行った治金術と金買取

2015/03/13 金買取に影響。哲学、神秘学として発祥した錬金術

2015/03/13 死や腐敗と無縁のゴールドの金買取り

2015/03/13 金買取のコツとエリキサ・ティンクトラの価値について

2015/03/13 金買取のコツとエリキサ・ティンクトラの価値について

2015/03/13 水銀とベリリウムと金買取、という三題噺

2015/03/13 金を生み出す過程で生まれた磁器と金買取

2015/03/13 古代ギリシャで流行った治金術と金買取

Copyright(C)2014 人類の夢の錬金術 All Rights Reserved.